「BOKUJOB 2017 メインフェア」レポートを掲載しました。 「牧場で働こう」体験会のレポートを掲載しました

牧場で働くまでの流れ

牧場で働くためのルート

牧場へ就職するには、「研修を終了後、牧場へ就職する」ルートと、「すぐに牧場へ就職」するルートがあります。「研修を終了後、牧場へ就職する」ルートは、研修で技術と知識を学ぶため「JBBA研修」と「BTC研修」の2つがあります。 競走馬となるサラブレッドをつくり育てる牧場が「生産・育成牧場」です。主に出産から離乳までを行なう「生産牧場」と、一人前の競走馬へと訓練し育てる「育成牧場」。華やかなレースの世界へと向かうサラブレッドたちを育むこうした牧場への就職には、専門的な技能を習得できる研修プログラムも用意されています。

ルート 1 研修を修了後、牧場へ就職

生産牧場は馬をつくり、育成牧場は競走馬に育てることを目的とした牧場ですから、それぞれ専門的な知識や技術が要求される仕事です。そのために用意されているのが2種類の研修です。この2つの研修を修了すれば、それぞれの牧場へ100%就職できます。

生産育成の知識・技術全般を習得したい
「軽種馬生産育成技術者研修(JBBA研修)」

育成調教技術を中心に習得したい
「育成調教技術者養成研修(BTC研修)」

詳しくはこちら

ルート 2 すぐに牧場へ就職

2つの研修を修了しなくても、各牧場に直接求職することもできます。この場合は、応募した皆さんのキャリアや能力によって、各牧場が採用の判断をすることになります。

詳しくはこちら

BOKUJOB 2017 メインフェアの最新情報を発信中!

  • Twitter
  • Facebook
  • BOKUJOBブログ 求人牧場のブログをチェック!
  • 保護者の方へ 進路指導担当の方へ
  • 掲載を希望する牧場の方へ
  • JBIS Search 国内最大級の競馬情報データベース
  • 競走馬のふるさと案内所 引退名馬の見学案内、近況レポート、馬産地の旬な情報を提供

関連協会